HOME > 服部和子きものコレクション ~古代衣装~

服部和子きものコレクション ~古代衣装~

日本人の装いは、その時代背景によって、多くの変遷とさまざまな美しさを表現してきました。その意匠の美、 手技の美など見どころはつきません。もっとも魅力を感じるのは、一枚のきものに託された、願いや想い、 祈りを心で感じるときの楽しさです。
ご縁があって、私のもとに集まってきたきもの達。生きたコレクションとしても、きもの振興に役立てて いきたいと思っております。ここでは、代表的な数点をご紹介いたします。

服部 和子

十二単(復元)

十二単(復元)

平安中期のころの上層階級の女性の晴れ着です。
十二単と呼ばれるようになったのは江戸時代のことです。それ以前には唐衣裳(からぎぬ)装束(すがた)、または物具姿(もののぐすがた)といわれていました。
当時は階級制度が厳格に守られていた封建時代、当然着るものの色や柄にも定められたものがあり、唐衣の色にも禁色が決められて、赤・青・もえぎ色などは許しを得なければ着ることができませんでした。

白緞子地仙境双鯉遊泳文様裲襠 [ 江戸時代後期 ]

白緞子地仙境双鯉遊泳文様裲襠)

新撰組隊長近藤勇が好んで通い遊んだ松扇太夫のものという裲襠(うちかけ)です。手刺繍のあでやかな菊花をぬって、寄り添いながらゆうゆうと泳ぎわたる対の真鯉と緋鯉。その真鯉の頭と背にある刺繍の黒い部分は人毛と伝えられています。さまざまな意味で、興味のつきない衣裳です。

玉虫織老梅鴛鴦貝合図模様裲襠 [ 江戸時代 ]

玉虫織老梅鴛鴦貝合図模様裲襠

水面にうつる紅白梅に群れ遊ぶ鴛鴦を可憐で豪華に刺繍で仕上げています。太夫は前で帯を結びますので、玉虫織の輝きが後姿をより華やかにしています。
裲襠(うちかけ)とは、着流しの重ね小袖の上に羽織って着ます。

太夫掛下 下衣 [ 江戸時代後期 ]

太夫掛下 下衣)

太夫の打掛の下に着る掛下。鮮やかな紅色は、江戸時代多く栽培された紅花を原料にしていると思われます。

太夫の下駄 [ 江戸時代後期 ]

太夫の下駄

真冬であっても太夫は裸足。形よく、ちんまりとした白い足が履いたであろう、この三枚歯の塗り下駄は鯨尺で約五寸(十八センチ)の高さ。重さもかなりのものです。供を従え八文字と呼ばれる独特の歩き方で、みごとな太夫道中を繰り広げた昔日がしのばれます。
なお、本品にある松扇太夫の名前は島原随一の花魁の名として、これらの衣裳ともども昭和に至るまで 代々受け継がれてきました。

黒一越縮緬地蓬莱山瑞祥扇面模様江戸褄 [ 大正時代 ]

黒一越縮緬地蓬莱山瑞祥扇面模様江戸褄

蓬莱山の吉祥文様が左右対称に染め出されている江戸褄で、裾の暈(ぼか)しはこの時代の特徴のひとつです。
江戸後期から流行しはじめた江戸褄は、大正期に入っていよいよ定着の度合いを深め、現在の黒留袖への流れとなります。なお蓬莱山とは中国に伝わる伝説で、東海にあって不老不死の仙人が住む霊山だとされています。わが国では富士山のことともいわれ、衣裳も文様だけではなく、祝い事の飾りなどにもよく見られます。

紫一越縮緬地孔雀薔薇文様振袖 [ 昭和時代前期 ]

紫一越縮緬地孔雀薔薇文様振袖

十三参りは子供の健やかな成長を願い、大人になるための知恵を授かる行事です。この時、女の子は初めて本身(大人の寸法)のきものを身にまといます。肩上げをして着ますが、その後大人になると縫い上げをはずします。
白孔雀と薔薇の模様をあしらった本品は、楚々とした中に薫り立つような華やかさが満ちあふれ、いかにも娘衣裳らしいものです。

着付け予約受付中 ブログ
服部和子きものコレクション ~古代衣装~